ねりこそ@なび

トップページ » ねりま子育てネットワーク » ねりま子育てメッセ » 第4回ねりま子育てメッセ2011

3月5日土曜日、待ちに待った「ねりま子育てメッセ」の当日は、開催を祝うかのようなさわやかな晴れとなりました。今年は32団体が出展し、過去最大のメッセとなりました。会場である大泉小学校の体育館には、開場の10分ほど前から人々が集まり始めました。

「マザーズバンドおれんじ」さんの華麗なファンファーレと元気な1曲で、「第4回 ねりま子育てメッセ2011」がいよいよ開催! 体育館内の各ブースでは、子どもを対象とした様々なワークショップをはじめ、ママたちによるハンドメイド作品の即売やおもちゃ展示・販売、素材にこだわったご飯やお菓子の販売など盛り沢山。 情報相談コーナーでは区内の子育て支援団体の様々な活動が紹介されていました。

体育館内は家族連れでいっぱい! 体育館内は家族連れでいっぱい! 素材にこだわったお菓子など 素材にこだわったお菓子など
ワークショップもいろいろ ワークショップもいろいろ 区内の子育て支援情報も充実! 区内の子育て支援情報も充実!

今年初めて設けた「子育て祈願★絵馬」コーナーには、100件近いメッセージやイラストが寄せられました。パパ、ママ、子どもたちそれぞれの視点 から、時に笑いを誘う、時に切実(?)なお願いが並んでいました。制度や子育て環境に関する本音がこういった場所でかいま見られたのは興味深かったです。

子育てへの願いが集結! 子育てへの願いが集結! スタンプをペタペタ♪ スタンプをペタペタ♪

屋外では練馬区石神井清掃事務所からスケルトン清掃車が登場。清掃車の中でゴミ袋がどうなるのかが手に取るようにわかり、男の子の目は釘付けでした。ポン菓子や焼き芋の販売も行われ、晴天の中おいしそうに口を動かす子どもたちの姿が印象的でした。

スケルトン清掃車に釘付け スケルトン清掃車に釘付け 懐かしのポン菓子が「ぽん!」 懐かしのポン菓子が「ぽん!」

校舎の2階にはベビーマッサージ、英語遊びなど室内で楽しめる催しが行われ、特に赤ちゃん連れのママが興味のおもむくままにのぞいていました。 助産師さんのハンドマッサージを受けながら話を聞いてもらえる相談コーナーも、ママ達の心をホッと解きほぐしてくれるようでした。

大盛況のリトミック 大盛況のリトミック 助産師さんに気軽に相談できます 助産師さんに気軽に相談できます

 午後になると少し人出も落ち着き、一つ一つの展示がゆっくりと見られるようになりました。そんな中、校舎の2階・和室では、子ども用品の交換会「リユース・カフェ」が始まりました。子ども服やおもちゃ、マタニティ服など、子育て関連の使わなくなったものを多くの方が持ち寄ってくれました。予想以上の参加者に主催者もびっくり。 譲りたい、もらいたいママたちが自分の持ち物を並べたり、お目当ての品を持った人と交渉する、熱気むんむんの交換会となりました。

リユース・カフェは今回で3回目 リユース・カフェは今回で3回目 沢山の参加者と持ち寄られた品々 沢山の参加者と持ち寄られた品々

他にも生協やネットスーパー、保険の紹介なども行われ、子育てに関することなら何でもわかる、大規模なメッセ(見本市)となりました。特に目立った混乱やトラブルもなく、無事に閉会式を迎えられたのは、まさしくご来場いただいた方々の協力の賜物だったと思います。楽しいイベントに参加したり、おいしいものを食べたりする中で、練馬にはこんなにも「つながれる子育ての輪」があることを知って下さったらとてもうれしいです。

開催後の反省会では、改善の余地もまだあるとの意見がでました。また来年もよりよいメッセを作り、子育てファミリー&現場を笑顔でつなげたい!と心に誓った主催者たちでありました。

記事はありません。

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ